どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、考えた事のアウトプット。

大学教育を活用できなかった後悔

大学教育の意味も価値も、ロクに理解しないまま、受験を単なる「偏差値ゲーム」と捉えていた。 例に漏れず、入学後は遊び呆けた。授業に出ないで、効率よく単位を取ることがカッコイイと思っていた。酒と麻雀の日々だった。 時には、言い訳がましく呟いても…

焦る独学者とシェアしたい聖書の言葉・「シラ書」より

お前のために定められていること、それを熟慮せよ。 ( 旧約聖書「シラ書〔集会の書〕第3章22節) 1 一人で黙々と独学に取り組んでいると、時々「自分の能力は低いのではないか……」「成長速度が遅すぎるのではないか……」と悩むことがあると思います。そ…

歴史を知ることは問題解決の「仮説づくり」に役立つ

現代の社会で起きている問題は、同時代を生きる我々の目には「これこそ新しい」と映ります。しかし、大抵の場合、現代の問題は真新しいものではなく、過去にも似たような事例が見られるものです。 一般に、人類にとって「完全に未知の問題」というのは、少な…

【メモ】ルーズリーフを使って創造力を高める勉強法(と銘打ってみる)

使う道具 精読したい本 ルーズリーフ 青色ボールペン 赤色ボールペン (場合によって緑色などのボールペン) ※(ボールペンの色は何色でもいいが、僕は「青-赤-緑」の順番が一番しっくりくる。黒色ボールペンは、読み返す時に文字が「主張してこない」のであま…

【メモ】ヨーロッパ近世史を学ぶ際のポイント

大前提 「領土」と「王家」はイコールではない →ヴァロア家がフランスを所有している、ハプスブルク家がオーストリアとスペインを所有している、など。 その後、ハプスブルク家の持ち物だったスペインが、ブルボン家(フランス)に移ったことに反対して、「…

【メモ】依拠すべき古典の選び方

「自分が依拠すべき古典を、どのように選びとるか?」 こんな問いを立てつつ、「古典」と呼ばれる作品をいくつか読んできた。 しかし、この問いは、方向性を間違えていたかもしれない。 つまり、自分が古典を選ぶのではなく、古典がこちらを選ぶのかもしれな…

予定通りには進まない読書と独学

2月と3月はブログをサボっていましたが、まあ別に仕事でも義務でもありませんから、よいのです。書ける時、書きたい時に、雑多に書いていこうと思います。 西部邁さんの『保守思想のための39章』を精読していく計画を2ヶ月ほど前に立てたのですが、 www…

偏りを恐れない

「どんな偉大な思想も偏っている」と読んだのは、いつのことだったか。確かにそうだ、と思った。「あれもこれも読まなければ」という気負いが薄まり、楽になった。 自分の思想の偏りを正そうと、さかしく計算して、あちらでは『論語』を読み、こちらでは『聖…

速読・多読ではなく熟読へ/本の選び方

速読は、基本的に読み返さない。印刷されている文字の形から、その意味するところをイメージとして読み取り、頭の中で次々と映像を流すように情報を処理していく。 これは、百マス計算を解いている時の処理に似ているように思う。 時間をかけない 直観的な処…

西部邁『保守思想のための39章』を少しずつ読んでいく

先日、評論家の西部邁さんが亡くなりました。 川に飛び込んだとのことです。最後の著書となった『保守の真髄』の中で示唆されていたことではありましたが、こんなに早いとは思っておりませんでした。 ご冥福をお祈り申し上げます。

2017年、買った本は170冊、費やした金額は20万円

久しぶりの投稿です。 蔵書リストの変化でわかったこと どんな本を買っていたか 1.昔読んで感銘を受けたが手放してしまっていた本 2.歴史学の本 3.ギリシア古典 4.絵本 蔵書リストの変化でわかったこと 以前に記事にしたことがありますが、僕は自分…

「問題を解いた印」をマルにするか、バツにするか?

河合薫氏の提唱する独学法「穴あけ勉強法」を試しています。 考える力を鍛える「穴あけ」勉強法: 難関資格・東大大学院も一発合格できた! 作者: 河合薫 出版社/メーカー: 草思社 発売日: 2016/02/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ …

「飽き性」な社会人が勉強・独学を続けるためには?

僕は性格的に「飽きっぽい」ところがあります。 次から次へと新しいことに興味を持ち、あれこれ手をつけはするが、どれも中途半端なまま。ただ、裏を返せば「好奇心旺盛である」とも言えます。 この特性を、うまく独学に活かせないか。 そう考え、以下のアイ…

【メモ】独学で歴史を学ぶとは何か。学者ではない僕たちができること

歴史学者は、普段、何をしているのか。 「史料」を読んで、それが意味するところを解釈し、「過去の出来事」がどのようなものであったか推測する。 そして、自身の歴史観に基づいて「過去の出来事」を筋道の通った物語=「歴史」として描き出していく。 これ…

読書に臨む3つのスタンス+α

「趣味は読書です」という人は多い。 しかし、その人は読書に何を求めているのだろう。読書への取り組み方が一致していないと、同じ「趣味は読書」の人同士でも話が合わないかもしれない。 そこで、僕が思う「読書に臨むスタンス」を3つまとめてみた。 1.…

社会人が独学で歴史を学ぶメソッドの試案

1.「関心」を養う:ゲームや小説、漫画の活用 (1)ゲーム (2)小説や漫画 (ア)小説フランス革命 長い余談:国民国家について (イ) 小説十八史略 (ウ)虹色のトロツキー 2.「定説」を知る:教科書や参考書を買い直す(H29.10.23加筆) 教科書の…

最近の独学状況など

集中的なインプット中は、アウトプットに気持ちが向かない燐太郎(@redphos15)です。 とはいえ、これは初めてのことではなく、しばらくすれば自然と筆が進むようになることもわかっています。 ただ、完全にストップさせてしまうと再開が難しいので、少ない…

議論の効用について

昔から、議論が下手だな、と思う。 それでも、議論から得られる効用の大きさは計り知れない。 その最たるものは、自分の中にある「言語化できていなかった考え」を、きちんと言葉にできる、ということだ。

架空戦記「東インド大戦」終:滅亡する者、旅立つ者

一週間空きましたが、今回のプレイレポの最終回です。 (スマホでは画像が見づらいので横向き推奨) 1.厭戦気分と宇宙移民計画 2.破壊される日本の都市 3.日本とイギリスの滅亡 4.宇宙船ウィリアム号、リフトオフ

架空戦記「東インド大戦」5:同盟分断工作

(スマホでは画像が見づらいので横向き推奨) 1.「大英同盟」を分断せよ! 2.バック・パッシング戦略 3.フリゲート艦隊、再び

架空戦記「東インド大戦」4:割れゆく世界

(スマホでは画像が見づらいので横向き推奨) 1.去る脅威、その行く先は 2.「大英同盟」による日本包囲網 3.我らの進む道 (1)何もしない(中立外交) (2)日本に非難声明を出す(日本包囲網に参加) (3)イギリスに非難声明を出す(対英三国連…

架空戦記「東インド大戦」3:反撃開始

(スマホでは画像が見づらいので横向き推奨) 1.フリゲート艦隊、発つ 2.首都を目指せ! 3.蘭中戦争終結 4.新たな火種

架空戦記「東インド大戦」2:早すぎた戦火

(スマホでは画像が見づらいので横向き推奨) 1.開発進むエレファン島 2.奇襲 3.戦争の終わりと、復讐の始まり 4.対中包囲網を築け!

架空戦記「東インド大戦」1:エレファン島の入植者

(スマホでは画像が見づらいので横向き推奨) 1.命名「エレファン島」 2.お隣さんは中国人 3.日本、インド、そしてイギリスの影 4.賄賂外交を進めるオランダ

架空戦記「東インド大戦」0:新興国オランダの野望

こんにちは、燐太郎(@redphos15)です。 久しぶりにCivilization5のプレイレポートを書いていきます。 テーマは、ここ数回の記事で推している「大航海時代」です。 最近、ブログの文体が「です・ます」調だったり「である」調だったりと一定しませんが、こ…

世界史を「大航海時代」から学び始める3つのメリット

こんにちは、燐太郎(@redphos15)です。 相変わらず「大航海時代」の話を続けていきます。 ところで、世界史を「大航海時代」から学び始めるのって、結構アリなんじゃないかな、と思うようになりました。 その理由を3点挙げて説明していきます。

大航海時代のポルトガル・スペインに学ぶ「挑戦の技法」

こんにちは、燐太郎(@redphos15)です。 今回は、現在学んでいる大航海時代のポルトガル・スペインについて、「挑戦」という観点で比較し、まとめていきます。

ブログに時間をかけすぎない

ブログを始めてから、消失した習慣がある。 筋トレ 副業の勉強 良くない兆候だ。 もっとまずいことがある。 このブログは、あくまで「読書の記録」と「独学のアウトプット」の場として開設した。 しかし、ブログを書くことに一生懸命になりすぎて、肝心の「…

『大人のための国語ゼミ』など。今週の立ち読み本のまとめ

9/24から10/1までの立ち読み本のまとめ。

9月のピックアップ記事・5選

9月の記事から役立ちそうなものをピックアップ。