どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、独学のアウトプット。現在は情報セキュリティの勉強中。

蔵書リストづくりと定期点検のススメ


スポンサーリンク

 

f:id:redphos:20170916111327j:plain

 

持っている本のリストを、パソコンで作っている。

時々思い出した時に、リストを印刷し、クリップボードを片手に蔵書のチェックを行っている。

ただの暇人の道楽に思われそうだが、これが案外、勉強の役にも立つ。

 

少し話は変わる。

本を読んだ時、その内容がどれだけ身につくかは、何で決まるだろうか。

  • 内容の難しさ
  • 書き方のわかりやすさ
  • 読んでいる時の集中力

こんなところだろう。確かにこれらの要素は重要だ。

 

しかし、もうひとつ大切な要素がある。

  • その本に対する情熱

というものだ。

なんのことはない、「好きこそ物の上手なれ」というやつだ。

 

 

「情熱」について詳しく説明すると長くなりそうなので、はしょってしまうが、

要するにこの記事で言いたいのはこういうことだ。

 

蔵書リストを作り、定期点検をすると、本に対する情熱がよみがえる。

その情熱によって、勉強の効率が上がる。

 

いつもは本棚にしまいこんである本、読みさしでやめてしまった本、買ったはいいが読むタイミングを逃してしまった「積ん読」など。

これらの本は、時々チェックして、一冊ずつ手にとってみよう。

そして、思い出してみる。

 

その本と出会った場所、出会った時のこと。

手に取った時、どんな感触だったか。

なぜ買いたいと思ったのか。

レジに持っていき、お金を払った時の気持ち。

家に帰って、袋から本を取り出し、ぱらぱらとページをめくった時の嬉しさ。

 

こんなことを、一つずつ思い出してみる。

すると、自然とまたその本を読みたい気持ちがよみがえっているはずだ。

 

 

情熱は、「記憶」から生まれる。

その記憶を取り戻してやれば、情熱もよみがえる。

だからこそ、定期的に思い出を振り返る必要があるのかなぁ、と思う。

人間関係も同じかもしれない。