どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、独学のアウトプット。現在は情報セキュリティの勉強中。

気分屋のブログの書き方


スポンサーリンク

 

結構、気分屋だ。

調子のいい時と悪い時の差が大きい。

文章を書くことが好きだが、調子がいい時は何千字でも一気に書ける。しかし、書けない日は一文字も書けない。

 

ブログは、毎日更新しないといけないような気がしていた。

それから、一日に複数記事更新してはいけないような気もしていた。

しかし、そんなルールはどこにもない。勝手に頭の中で作り上げていただけだ。

 

気分屋なら、それで結構。

書きたいときに、書きたいだけ書けばいいと思う。

一日に何記事もアップしたっていいし、何週間も書かなくてもいい。

 

 

では、何をどのように書いていくのか。

とりあえず、その時々に書きたいことを書けばいい。

 

秩序だった構成にしたい、という欲望もある。僕は秩序だったものが好きだ。

だが、それは後からやればいい。秩序も何も、構造を作るための材料がなければ何にもならないからだ。

頭の中で「こんな風に書いていこう!」と理想を描いても、その通りになることはまずない。できる人もいるのかもしれないが、僕には難しい。

だから、書きたいところから、どんどん書いてしまおう。

 

 

この記事は出かける前の5分で書きました。