どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、独学のアウトプット。現在は情報セキュリティの勉強中。

「カフェで席を取るとき何を置くか」問題。「予約席カード」を導入して欲しい!


スポンサーリンク

f:id:redphos:20170916213733p:plain

 

お昼にカフェでパスタを食べた時の話。

 

「先に席を確保する」というマナー

最近、カフェなどで「先にお席の確保をお願いします」と言われるようになったな、と思う。

これはいいアイデアだ。

客からすると、頼んだのに座れない、という面倒を回避できる。

また、店からしても、頼むだけ頼んだが座れないのでいつまでもウロウロしている客がいる、というのは迷惑な話だろう。

店公認で行われる「席取り」は、お互いにとってメリットが多いマナーだと言える。

 

 

席を取るにはモノを置く。でもなぁ…

席を取る場合、客は、自分の荷物の中から、「ここは俺の席!」と示せるものを、テーブルや椅子の上に置くことになる。

  • カバン
  • 衣類

多くの場合はこんなところだろうか。

 

何でもいいのだが、要するに、他の人から見て「誰かがこの席を占有している」ということがわかる状態になっていればいいようだ。

 

ただ、僕は私物を使って席取りをしたくない。

盗まれるかもしれないからだ。

カバンや衣類は高価だ。

傘は、雨が降っている時に盗まれると最悪だ。

仕方なしに、普段は本を置くようにしているが、これだって盗られたら悲しい。

だが、他に置くものがないのだから仕方ない。

毎回、注文を済ませて席に戻ったとき、本が無事に残っているのを見ては、ホッとしている。

 

 

置くモノによっては無視されて席を取られることがある

エピソード

先日もカフェで席取りをしたが、たまたま本を持ち合わせていなかった。

いや、持っていたのだが、図書館で借りた本だった。人様の本を、盗まれる危険のある状態に晒すわけにはいかない。

 

そこで、僕は「ティッシュ」を置いた。

しかし、他に置くものがなかったのだが、正直なところ、「これで席取れてるか?」と不安になった。

 

果たして、その不安は的中することになる。

 

「席取り」を上書きされた

オーダーを済ませて席に戻ると、僕がティッシュを置いていた席の椅子に、サラリーマンのものらしき黒色のスーツと革製のカバンが置かれていた。

 

これはまずいな、と思った。

 

僕が置いたくちゃくちゃになった開封済みのティッシュ袋と比べると、スーツとカバンの存在感が半端ない。

誰がどう見ても、ここは「サラリーマンの席」になっていた。

その側に立って、トレーを持ったまま呆然とする僕は、なんとか彼の席を奪おうとするハイエナみたいに思われた。

 

店員に仲裁を頼むが……

そうは言っても、僕が先に私物(ティッシュ)を置いたことは紛れもない事実。

先手必勝とばかり、店員さんに声をかける。

 

「すいません、先に席を取っていたところに、荷物を置かれてしまったのですが」(ティッシュが置かれたテーブルを指し示しながら)

「あー……少々お待ちください」

 

心の優しそうな女の店員さんは、困ったような顔をしながら、レジに並ぶ人のところへ向かった。

が、おろおろするばかりで、事態を解決してくれる様子はない。

 

まあ、そうだろうな。

「ティッシュ」じゃ席を取ったことにはならないんだろう。

落ち度があったのは僕だ。

 

最後は何事もなく

仕方ないので、他の席が空くまで待つか……と思っていると、ちょうど近くの席が空いた。

もしかすると、僕が困っているのを見て、早めに席を立ってくれたのかもしれない。

名も知らないその男性の配慮に感謝しつつ、その空いた席にトレーを置いて、店員さんに「もう大丈夫です」と告げた。

 

ちなみに、最初に僕が取った席にやってきたのは、強面で屈強そうな男性だった。

席をめぐって直接口論することにならなくてよかった、と思いながら、僕はパスタをすすっていた。

 

 

結論:「予約席カード」を導入して欲しい!

こんなエピソードは、滅多にないかもしれない。

しかし、そうでなくても「カフェで席を取るとき何を置くか」問題は依然として存在する。

 

良い解決策がある。

 

お店によっては「予約席カード」のようなものを用意しているところがある。

客は、入口で予約席カードを手に取り、オーダーの前にそのカードを好きな空席に置いておくのだ。

すると、その席はカードを置いた人のものになる。

 

この「予約席カード」は、大変便利だ。

まず、「何を置こうか」と悩まなくて済む。

店の入口で荷物をガサガサやって通行を妨げることもない。

次に、荷物を置いたのに他の人に席を取られることがなくなる。

みんな共通のカードを使うからだ。

先述のティッシュの件のように、「この席は誰も取っていないだろう」と勘違いされてしまうことはなくなる。

 

スープストック

こんなに便利な「予約席カード」だが、あまり見かけない。

僕が知っている有名どころでは「スープストック」がこれを導入している。

スタバもドトールもみんな、スープストックを見習って、「予約席カード」を導入して欲しいと思う。

 

Soup Stock Tokyoのスープの作り方

Soup Stock Tokyoのスープの作り方

  • 作者: Soup Stock Tokyo
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 118回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る