どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、独学のアウトプット。現在は情報セキュリティの勉強中。

【メモ】独学で歴史を学ぶとは何か。学者ではない僕たちができること


スポンサーリンク

 

歴史学者は、普段、何をしているのか。 

「史料」を読んで、それが意味するところを解釈し、「過去の出来事」がどのようなものであったか推測する。

そして、自身の歴史観に基づいて「過去の出来事」を筋道の通った物語=「歴史」として描き出していく。

これが歴史学者の仕事なのだろうと思います。

(史料→過去の出来事→歴史)

 

僕たち独学者は、ここまでやれません。

独学で歴史を学ぶとは、結局、「歴史学者が書いた歴史を読む」ということ。

もちろん、自分で史料を読み始めてもいいのでしょうが、僕はそこまで取り組む時間的余裕がない。

ですので、「読書」を通じて「知識の消費」に徹することになります。

(歴史→読書)

 

では、歴史学者が書いた歴史を読んで、独学者は一体何を目指すのか?

(歴史→読書→???)

この問いについては、歴史学者よりもむしろ、実務家の方が書いた本が参考になりそうです。例えば以下のような。

 

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書)

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書)

 
世界史としての日本史 (小学館新書)

世界史としての日本史 (小学館新書)

 

 

どちらの本にも共通していたのは 「現在起きている出来事を、自分の頭で整理しながら捉えるために、歴史を参照する」という態度なのかな、と思います。

立脚点はあくまで「今・ここ」にあります。

とすると、歴史を学ぶということは単なる「知識」よりむしろ「生き方」の読書に近いスタンスなのではないか、と思われます。

(歴史→読書→生き方)

  

(読書における「知識」や「生き方」というスタンスについてはこちら)

www.redphos.com

 

よく生きるために、歴史を学ぶ。

また、ありきたりな答えになってしまいました。

しかし、必ずしも新奇なアイデアを生む必要はありません。

ごくありふれた考えを、自分自身の思考の結果として再確認することで、そのアイデアは真に自分のものとして身につくと思うからです。

これもまた、思考の機能の一つなのであります。