どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、考えた事のアウトプット。

【メモ】ルーズリーフを使って創造力を高める勉強法(と銘打ってみる)


スポンサーリンク

使う道具

  • 精読したい本
  • ルーズリーフ
  • 青色ボールペン
  • 赤色ボールペン
  • (場合によって緑色などのボールペン)

※(ボールペンの色は何色でもいいが、僕は「青-赤-緑」の順番が一番しっくりくる。黒色ボールペンは、読み返す時に文字が「主張してこない」のであまり使わない)

  • (整理したい場合はバインダー)

 

方法

  1. 精読したい本を読みながら、重要そうなキーワードやフレーズを青色ボールペンでルーズリーフに書きつけていく。
  2. この時、1行おきに書くなどして、余白を多めに取るようにする。後から書き込みをするため。
  3. 読みながら頭に浮かんだことは、赤色ボールペンを使って、ルーズリーフの余白に書き込んでいく。
  4. ある程度分量が溜まったら、読み返して復習する。さらに考えが浮かんだら、緑色など別の色のボールペンで註釈をつけていく。

 

その他

  • 整理しやすいように、右上の「No.」には、読んでいる本や科目についての略号を記す。
  • 読んだ日付は「年月日」を6桁の数にして(2018年4月26日ならば180426)、ルーズリーフ本文中などに記しておく。思考の流れや展開を時系列で振り返れるようにするため。
  • 本を読みながら、時々立ち止まり、少し前の内容を思い出す(「検索練習」と呼ばれる勉強法)。
  • 文章の中に織り込まれた著者の思考をトレースしつつ、自分自身の頭でもその思考を捉え直し、内容の妥当性を検討してみる(主張に支える根拠の有無やその適合性、論理的整合性など)。

 

展望

  • 1つのまとまった思考を作り上げるためには、不向きな方法かもしれない。しかし、思考の起点を創造的に発想するには有効と思われる。
  • というのも、「バラバラになる」というルーズリーフの物理的特性からして「拡散モード」思考が誘発されるから。
  • ルーズリーフを作っているときは「集中モード」的な思考を使うわけだが、これを読み返す時には自然と「拡散モード」的な思考に切り替わる。(と感じられる)
  • このような「モードの切り替え」のためには、ノートよりもむしろ、バラバラになるルーズリーフの方が適しているのではなかろうか。(2つの「思考モード」については『直感力を高める数学脳の作り方』を参照)
  • この勉強法を通じて発想の源や方向性を見出した上で、「集中モード」的な思考を粘り強く進める必要がある。この段階では、きちんと綴じられたノートを使うべきかもしれない。
  • つまりこれは「創造的なアウトプットに先立つインプットのための勉強法」などと銘打ってもいいかもしれない。大げさかな。

 

着想を得たもの

  • 「青色ボールペンでキーワードなどをルーズリーフに書きつける」という部分は、『青ペン書きなぐり勉強法』などから。オンラインでもその要点を読める。絶対忘れない「青ペン書きなぐり」勉強法 | プレジデントオンライン
  • 「赤色ボールペンで書いたコメントに、緑色ボールペンで註釈をつけていく」という部分は、ユダヤ教の教典「タルムード」の研究法から。佐藤優氏曰く、タルムード研究は註釈に対してさらに註釈をつけていくことで進めていくらしい。確か『読書の技法』で読んだのだろうか……あとで調べておく。