どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、独学のアウトプット。現在は情報セキュリティの勉強中。

架空戦記「東インド大戦」1:エレファン島の入植者


スポンサーリンク

 

(スマホでは画像が見づらいので横向き推奨)

 

 

 

1.命名「エレファン島」

フン族によって故地を追われたゲルマン系の民族・オランダ人は、山を越え、海を越え、長きに渡った「民族大移動」の末、ついに彼らの第二の故郷となる島にたどり着いた。*1

オランダ人は、海沿いに新たな都市「アムステルダム」を建設した。この都市を中心として、彼らの文明が栄えていくことになる。

 

f:id:redphos:20171007202856j:plain

(© 2007-2017 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries「CivilizationⅤ」より)

島の探索を終えた状況。

横長の島で、東端には都市国家「オルムス」*2が勢力を持っている。島の広さもまずまずで、アムステルダムの他に2〜3の都市を建てることができそうだ。

この島の特徴は、何と言っても「象牙」資源の多さ。あちこちに象が住んでおり、象牙が大量に入手できる。

将来的には、この象牙を手土産として、他の文明との仲を深めていくことにしよう。

オランダ人は、入植したこの地を「象の住む島・エレファン島」と名付けることにした。

 

オランダ文明の象徴として、アルテミス神殿を建設。

f:id:redphos:20171008101520j:plain

 (© 2007-2017 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries「CivilizationⅤ」より

神殿の完成に喜んだオランダ人たちは、いっそう熱心に日々の仕事に励み、どんどん都市を成長させていくのだった。*3

 

 

2.お隣さんは中国人

アムステルダムの北方に第二都市「ロッテルダム」を建設したオランダ人は、並行して、近海の探検を開始していた。

調査の結果、北の島に強力な文明が栄えていることがわかった。

その名は、中国。先遣隊の報告によると、軍事力に長けた文明らしい。特に、弓兵の強さは折り紙つきだ。

外交担当者の見立てでは、中国は領土的野心をあまり持っていないようだ。これを聞いて安心する。隣国が好戦的だと、戦争にリソースを割かねばならなくなり、こちらの発展が遅れてしまうからだ。

お隣さん同士、仲良くやっていきたい。

 

f:id:redphos:20171007203001j:plain

(© 2007-2017 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries「CivilizationⅤ」より)

エレファン島の右上に見える緑色の表示が、中国の都市(左から)「広州」と「上海」。あちらの島ではブドウが豊富に取れ、ワインが特産品となっているようだ。

そこで、彼らの島を「ブドウ島」と呼ぶことにした。

 

 

3.日本、インド、そしてイギリスの影

我らがエレファン島は、着実に発展を続けている。

外洋の探検も順調だ。はるか西方の海上には、日本文明、インド文明が栄えていることがわかった。このうち、日本は好戦的な民族らしく、近隣の都市国家へ宣戦布告、瞬く間に都市を奪い取っていた。

 

f:id:redphos:20171008101540j:plain(© 2007-2017 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries「CivilizationⅤ」より)

都市国家「バンクーバー」が、日本の施政下に入っている様子。なお、日本の本土は、バンクーバーの南方に位置している。

 

バンクーバーのさらに西方には、インドの都市があるようだ。しかし、その全容はまだ解明できていない。彼らは内陸に住んでいるらしく、海上から都市を見つけることができなかった。

インド人と接触した外交担当者によると、どうやら彼らは平和を愛する民のようだ。戦いを好む日本人とは犬猿の仲になりそうな予感がする。*4

 

 

その後、探検隊は、アムステルダムから見て南西の方角に、イギリスの都市「ノッティンガム」を発見した。

f:id:redphos:20171007203101j:plain

(© 2007-2017 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries「CivilizationⅤ」より)

「あいつらか……」

オランダ人たちは、エレファン島へ入植する以前から、イギリス人のことを知っていた。なぜなら、彼らはオランダと同じゲルマン系の民族だからだ。

イギリス人は航海術に長けており、非常に高い海戦能力を持つ。侮れない相手だ。

彼らとは、いつか戦うことになるだろう……根拠はないが、そんな予感がした。

 

 

4.賄賂外交を進めるオランダ

オランダは、イギリスをライバル国として意識している。しかし、戦うとしても今すぐではないし、当面は仲良くしておきたい。ということで、 

f:id:redphos:20171007203143j:plain

(© 2007-2017 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries「CivilizationⅤ」より)

お近づきの印に、エレファン島特産の「象牙」をプレゼントした。一応、喜んでもらえたようだが、友好関係を結ぶには至らなかった。やはり、気安く他人と仲良くしない連中のようだ。

 

一方、東方の民・ポルトガルへも「象牙」を贈る。 *5

f:id:redphos:20171007203215j:plain

(© 2007-2017 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries「CivilizationⅤ」より)

彼らは象牙を大層気に入ってくれ、貴重な資源を無償提供したオランダとの間に「友好宣言」を発した。そうこなくっちゃ。イギリスとは違うなぁ。

 

その後も、出会う文明全てに象牙を配りまくり、友好関係を築いていくオランダ。その様はまさに「賄賂外交」であった。

 

 

 

*1:これは「架空戦記」なので、もちろん史実とは異なる。そもそも「大移動」の当時から「オランダ人」という民族が存在したわけでもない。あくまでゲームの中の話である。

*2:ホルムズ海峡にあった都市国家らしい。こちらも参照→ CIVILOPEDIA Online: オルムス

*3:Civ5では、世界遺産「アルテミス神殿」を建てると、都市の成長が早くなる効果がある。

*4:再三注意書きを付しておくが、これは「架空戦記」なので、現実の世界とは無関係である。

*5:ポルトガルはラテン系の民族とされており、ゲルマン民族とは出自が違っている。しかし、イベリア半島にはゲルマン系の西ゴート族が進出し、定着したはず。ゲルマン系がラテン系に吸収されていった、ということなのかな。ちょっとよくわからない。