どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、考えた事のアウトプット。

ゆっくり読むこと

本を速く読みすぎるのが問題だ。 表面を撫でただけの「知識」では役に立たない。読んでいても、なんと言うのか、「作業」や「処理」になってしまう。それでも知的興奮は得られるが、心の深いところが変化していくような「対話」は訪れない。 紙面に現れてい…

本の重さの感じ方について

書店で手に取った本が、やたらとずっしり重く感じられたり、逆に、妙に軽く感じられることがありはしないだろうか。僕はたまにある。 平均的な本の重さは、既に体で覚えている。だから、本を手に取る時には、重さを何となくイメージしている。そのイメージの…

大作を読むコツ:『資本論』と『源氏物語』

1 佐藤優氏の影響を受けて、マルクス『資本論』を読んでいる。 資本論 (1) (国民文庫 (25)) 作者: カール・マルクス,岡崎次郎 出版社/メーカー: 大月書店 発売日: 1972/03 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (23件) を見る 文…

Civ5「アマゾンプラス」マップのプレイレポ

久しぶりにCiv5のプレイレポート。今回は「戦史風」じゃなくて、ざっくりと。 挑戦したのは「アマゾンプラス」マップ。その名の通り、一帯がジャングルになっているマップだ。陸上の行動が制約されるばかりでなく、都市周辺の開拓にも時間を取られることが予…

三木清曰く読書には2つの種類がある

1 独学の旅を始めるにあたり、僕は最初に読書術に関する本を色々と読み比べてみた。その理由として、佐藤優『読書の技法』の冒頭部を引用する。 なぜ、読書術が知の技法のいちばんはじめに位置づけられなくてはならないのだろうか。それは、人間が死を運命…

立ち読みした本をメモすると自分の関心が見える

衝動買いを防止する「メモ」 週に3度は書店に行く。立ち読みすると、すぐに欲しくなる。 そういうときは、まず書名をメモするようにした。スマホでぽちぽちやるのではなく、昔ながらの手帳とボールペンで、手間をかけて書く。ついでに、本の内容を軽くまと…

健康について学ぶための指針

デカルトは『方法序説』でこう書いている。 健康はまぎれもなくこの世で最上の善であり、ほかのあらゆる善の基礎である。というのは、精神でさえも体質と身体器官の状態とに多分に依存しているため、人間たちを共通に今までよりもいっそう賢明で有能にする何…

『日本でいちばんわかりやすいプログラミングのドリル』楽しく解いて学べるクイズ本

この記事は、2018年6月17日、プログラミング学習用に作った別のブログで書いたものですが、そちらを閉じたので、「どくどく記」本体で再掲することにしました。 プログラミング独学の状況 取り組んでいる本 現在(2018年6月17日のこと)プログ…

「どくどく記 2.0」のために

カテゴリに「体系化」を反映させた この記事で示した方針に従い、ブログのカテゴリを主要な6つのテーマに分けて整理した。 www.redphos.com 「読書と独学の記録」だけあって、テーマ「方法を探求する」に配置した「読書術」カテゴリの記事が一番多い。書く…

「エビデンスに基づく」の意味

今日も電車で『究極の食事』の広告を眺めていた。 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 作者: 津川友介 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/04/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る この本は、Evidence Basedすなわ…