どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、考えた事のアウトプット。

健康について学ぶための指針

デカルトは『方法序説』でこう書いている。 健康はまぎれもなくこの世で最上の善であり、ほかのあらゆる善の基礎である。というのは、精神でさえも体質と身体器官の状態とに多分に依存しているため、人間たちを共通に今までよりもいっそう賢明で有能にする何…

『日本でいちばんわかりやすいプログラミングのドリル』楽しく解いて学べるクイズ本

この記事は、2018年6月17日、プログラミング学習用に作った別のブログで書いたものですが、そちらを閉じたので、「どくどく記」本体で再掲することにしました。 プログラミング独学の状況 取り組んでいる本 現在(2018年6月17日のこと)プログ…

「どくどく記 2.0」のために

カテゴリに「体系化」を反映させた この記事で示した方針に従い、ブログのカテゴリを主要な6つのテーマに分けて整理した。 www.redphos.com 「読書と独学の記録」だけあって、テーマ「方法を探求する」に配置した「読書術」カテゴリの記事が一番多い。書く…

「エビデンスに基づく」の意味

今日も電車で『究極の食事』の広告を眺めていた。 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 作者: 津川友介 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/04/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る この本は、Evidence Basedすなわ…

電車の書籍広告に思う

1 ある電車の広告スペースに、新井紀子『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』と津川友介『究極の食事』が掲載されていた。どちらも読んだが、良い本だ。 AI vs. 教科書が読めない子どもたち 作者: 新井紀子 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/…

読書・独学の方法をアップデート中

体系化の試み まず、自分の「読書・独学のテーマ」を6つに分け、体系として形成してみた。*1 6つのテーマとそこに内包される主な科目は以下の通り。 方法を探求する:思考法、論理学、読書術など 生存する:災害、犯罪、健康、新技術への適応など 世界を把…

食事における「不完全さ」との付き合い

食事にはこだわりたいと思っている。自分なりの「理想の健康的な食事」像も、一応ある。 しかし、先日の記事で取り上げたように、理想を100%叶えることは難しい。現実には様々な制約がある。 具体的には、①経済的な制約、②社交的な制約、そして③娯楽上の…

不完全さと、理想と

1 大体、完全な形を求めるから失敗する。 ブログを書くにしても、 「きちんと構想を練り、時間をとってパソコンの前に向かい、文章の構成を工夫し、投稿する前には何度も推敲を重ねて……」 なんてやろうとするから、続かない。僕のことだが。 このような書き…

独学の先に目指すもの:生存

1 独学者、書斎を見つける 独学者としての目下の悩みは「書斎がない」ということである。 必要なのは、良い椅子と、良い机。それから、良い照明に、良い音楽。そして大事なことだが、良い静寂。これらの要素を、我が家に求めることができない以上、外で確保…

大学教育を活用できなかった後悔

大学教育の意味も価値も、ロクに理解しないまま、受験を単なる「偏差値ゲーム」と捉えていた。 例に漏れず、入学後は遊び呆けた。授業に出ないで、効率よく単位を取ることがカッコイイと思っていた。酒と麻雀の日々だった。 時には、言い訳がましく呟いても…