どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、考えた事のアウトプット。

よもやま話

令和について思ったことをメモ

「令」は律令を連想 「和」は憲法十七条を連想 出典である『万葉集』が編纂されたのは国家統一の時期 まあこじつけかもしれないが、なんとなく「国をかためなおす」という意図を感じる元号である。なぜ「かためなおす」必要があるかといえば、いずれ来る国難…

「今ここ」にあるものの価値

たとえば、TOEIC900点を取れるとして、代償に子供を抱っこできる時間を失うとしたら、たとえTOEICが300点になろうと、僕は子供を抱っこする時間を選ぶ。 こんなもの、比べるのも阿呆らしい。けれど忘れがちなのだ、「子供が寝てくれないと勉強できないなぁ」…

Twitterとテレビをやめたら時間にも心にも余裕ができた

われわれの享ける生が短いのではなく、われわれ自身が生を短くするのであり、われわれは生に欠乏しているのではなく、生を蕩尽する、それが真相なのだ。 (セネカ『生の短さについて』) 先日、Twitterをやめた。予想していたことだが、一気に無駄な時間が減…

疲れてきた

息子を膝の上で寝かせながら、スマホでこの文章を書いている。 仕事と育児の疲れが溜まってきている、と感じることが増えてきた。 仕事中、キーボードを打つ指がもつれたので驚いたし、何となくぼーっとしてしまう時間が増えた。『自衛隊メンタル教官が教え…

「エルピス知力トレーニング」の思い出

昨日、『KGBスパイ式記憶術』という本を買った。*1 KGBスパイ式記憶術 作者: カミール・グーリーイェヴデニス・ブーキン,岡本麻左子 出版社/メーカー: 水王舎 発売日: 2019/02/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 胡散臭さ…

2018年の思い出ベスト3

第3位 ストラディヴァリウスのチェロを生音で聴けた 当方、趣味でチェロをやっている。ついでながら、当ブログの筆頭人気記事は、常に楽器に関する記事だったりする。 www.redphos.com 弦楽器奏者の末席を占める者として、「ストラディヴァリウス」は憧れの…

育児を体験してみて

独学している暇がない。 まあ、厳密に言えば空き時間はあるし、その隙間時間を使って資格試験等の「勉強」には取り組めている。しかし、まとまった時間が必要な「研究」や「思索」はできない。我らがちっちゃなゴジラくんは、腹減りゃ泣く、クソすりゃ泣く、…

息子が産まれた

私事ですが……と書き始めてみたが、そもそもブログを書いて公開すること自体が「私事の極地」みたいなものなんだから、別にこんなこと書く必要もないな、と気づき、でもまあ、結局書いたまま残してみる。基本的には歯切れのいい文章を書きたいと思っているが…

カフェを喫煙所代わりにしていたオッサンの話

カフェでコーヒーを飲んでいると、隣の席に、スーツを着た40代半ばくらいのオッサンが座った。 ぱっと見た印象で、「なんかコソコソしてる?」と感じた。 そう感じた理由はすぐにわかった。 オッサンは、何も注文をせず、席に座ったままタバコを吸い始めた…

「カフェで席を取るとき何を置くか」問題。「予約席カード」を導入して欲しい!

読書には「場所」も重要だ。カフェで読書をすると、いつもより集中できる人も多いだろう。僕も、読書専用のお気に入りカフェがいくつかある。 今回は、カフェについて思ったことの話。 「先に席を確保する」というマナー 最近、カフェなどで「先にお席の確保…