どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、考えた事のアウトプット。

5. (空白)

2018年10-11月の立ち読み本リスト

10月 無限論の教室 数学ガールの秘密ノート/ベクトルの真実 購入、未読。ベクトルの概念を、最近ようやく理解できてきた……と思っていたが、機械学習の勉強を始めたらまたわからなくなってきた。 AI時代の新・地政学 CRISPR (クリスパー) 究極の遺伝子編集…

【経済】未解消の疑問

動物の家畜化の技術はどういうもので、いつ頃から始まり、どのように発達してきたのか? ニュースから 経済効果の「試算」は何が根拠になっている? 計算式では、微分を使っているはず。あるパラメータ(例えば関税率)を変えたら、別のパラメータ(例えばG…

【生物】未解消の疑問

生命の誕生に水が必要なのは、水が溶液を作り、その中で化学反応が起こりやすくなるから。では、人間を含む生物が水を必要とするのも、同様の理由だろうか?つまり、体内で化学反応を起こすことで維持される構造が生命ならば、その「化学反応の場」として水…

2018年9月の立ち読み本リスト(190131版)

社会学講義 橋爪大三郎、大澤真幸ほか。 哲学思考トレーニング 「科学的思考」のレッスン 学校では教えてくれないサイエンス 購入、半分読了。世にはびこる「二分法」的な発想の危険を指摘。「絶対安全」も「絶対危険」も科学的な態度ではない。本書に言及が…

2018年7-8月の立ち読み本リスト(190131版)

7月 知ってるつもり――無知の科学 文庫化されるのを待つ。 なぜ科学はストーリーを必要としているのか──ハリウッドに学んだ伝える技術 「ABT方式」によるプレゼンの技法。4つの部分を、ABTの3つで接続する。AはAnd(そして、背景の説明)、Bは…

【化学】未解消の疑問

随時更新。 新しい高校化学の教科書―現代人のための高校理科 (ブルーバックス) 作者: 左巻健男 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2006/01/21 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (34件) を見る 「目次暗記」の過程で生じた疑問 …

『法句経』第四品「華」から、心に留めたい2節

1 四八 わき目もふらず 華をつみ集むる かかる人をば もろもろの愛欲に いまだ飽かざるうちに 死はその支配に 伏せしむ 書店で手に取った『法句経』を、買うかどうか迷いながら立ち読みしていた時、この1節を目にして、購入を決めた。 「華」とは、おそら…

『論語』の素読から中国語入門へ

独学の準備運動として、毎朝、20分程度の「素読」を行っている。 まあ、効果があるのかないのか、役に立つのかどうかもよくわからないけれど、朝からハキハキと声を出すのは気分がいいし、目も覚めてくるので、飽きずに実行している。 読む素材は時期によ…

お問い合わせ

読み込んでいます...