どくどく記 〜読書と独学の記録〜

読んだ本の記録と、考えた事のアウトプット。

2月3週の独学テーマと結果

 

素読「法句経」

法句経 (講談社学術文庫)

法句経 (講談社学術文庫)

 

 

引き続き継続。

 

結果

継続できている。

 

基礎知識「生物学」 

新しい高校生物の教科書―現代人のための高校理科 (ブルーバックス)

新しい高校生物の教科書―現代人のための高校理科 (ブルーバックス)

 

 

化学を2周やったので、今週は生物に戻る。まずは「目次暗記」の復習をしたあと、前回の継続である細胞生物学ではなく、興味のある「生態系」の分野を先に読み進めるつもり。

 

結果

まあ予定の半分くらいは進んだ。

自然科学の勉強に飽きを感じてきているので、翌週は科目を大きく変更するつもり。

 

語学①「TOEIC」

CD-ROM付 2カ月で攻略TOEIC(C)L&Rテスト730点! (残り日数逆算シリーズ)

CD-ROM付 2カ月で攻略TOEIC(C)L&Rテスト730点! (残り日数逆算シリーズ)

 

 

毎日少しずつでいいから問題を解く。リスニングは、少し聴いていないだけですぐに耳が鈍るので、最悪解かなくてもいいから、毎日聴くようにしよう。

 

結果

毎日ではないが、継続できている。

新しいことを学ぶよりは、既習の範囲をよく復習して、身に付けるようにした方が良いかもしれない。無理に本の内容を全部やらなくてもいい。

 

語学②「英文只管音読」

中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語

中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語

 

 

引き続き読んでいく。ただし、TOEICが終わるまで優先度は低めでいい。その時間があったら、まずは問題を解くこと。

 

結果

継続できている。

 

STEM「機械学習」

停滞しているとはいえ、まだスケジュールから遅滞はしていない。タスクには入れ続ける。

 

結果

少しは進んだが、やはり後回しになりがち。プログラミング課題は自宅でないとできないが、自宅では疲れて寝てしまう。このジレンマをどう解くかだ。

 

注意力「シュルテ・テーブル」など

KGBスパイ式記憶術

KGBスパイ式記憶術

  • 作者: カミール・グーリーイェヴデニス・ブーキン,岡本麻左子
  • 出版社/メーカー: 水王舎
  • 発売日: 2019/02/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

頭の体操を兼ねて、この本の内容を少しずつ進めている。うーん、でも色々手を出しすぎだろう。

 

結果

一応やっている。でもまあ、これは記載しなくてもいいかもな。